健康

乳酸菌とは

乳酸菌とは「乳糖やブドウ糖を分解して大量の乳酸をつくる細菌」の総称のことをいいます。
腸内には約100種類、約100兆個もの細菌が存在していると言われています。
そのうち乳酸菌と呼ばれるものは40種類ほどあるのですが、それらが善玉菌と悪玉菌とに分かれていますが、ふとしたことでそのバランスの比率が変わってしまうのです。
これらは「腸内細菌」とも呼ばれています。

腸内細菌を顕微鏡で見ると花畑のように見えるため、「腸内フローラ(腸内の花畑)」と呼ばれています。
免疫力を高めたり、腸の働きを助ける菌は善玉菌と呼ばれ、病原菌を悪玉菌と呼ばれています。
乳酸菌は腸の働きを助ける善玉菌の一種で、悪玉菌を抑えたり減らした分だけ善玉菌は増えます。

一時はヨーグルトに多く含まれていると信じられて、たくさん摂られていましたが、腸に届く前に胃酸に多くの善玉菌がやられてしまい生きて腸に届きません。
では無駄なのかと言えばそうでもなく、死んだ状態であっても善玉菌の貴重な餌となって腸内の善玉菌を生かしてくれるのです。
また乳酸菌の善玉菌は腸内活動を活発にして、腸内の老廃物の排出をしたりして腸の活動を高めて、便秘や下痢の調節などもします。
腸内に老廃物がたまると身体の新陳代謝能力が下がり、栄養などが体内に吸収されにくくなるのを助けるのが善玉菌です。
他にも、がん予防やアレルギーの改善効果http://xn--fkqz7hh16cemc8ty.com/など体に良いものなのです。

悪玉菌は、善玉菌が活躍すればするほど老廃物と一緒に流れてしまい、バランスによっては善玉菌が増えてくれますが、加齢によって悪玉菌は増え、
善玉菌は減りますので、意識して善玉菌を保たなくてはいけません。
腸内でどうなっているのかなどということは分かりません。
ですが便宜上では、体に良い物質を出すものを善玉菌、体に悪い物質を出すものを悪玉菌として区別しているのですが、腸内の栄養分を食べ始めると善玉菌も食べ始めるという具合に、
互いに競争しあう成分同士でもあるのです。
乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に含まれているのですが、発酵食品に含まれている乳酸菌が全て同じ種類とは限りません。
乳酸菌の種類はこちらにかいてありますのでご覧ください。