健康

乳酸菌で花粉症対策

乳酸菌によって花粉症対策に効果があると言われはじめたのは、近年のことであり、キリンビール社によって、2002年に発見されたのが、
「KW乳酸菌」であり、高いアレルギー改善作用が期待されています。
またカルピス社においても、2006年に鼻のかゆみ、目のかゆみといった花粉症の症状に「L-92乳酸菌」が効果があることを実証しています。

これらの花粉症に有効とされる乳酸菌は、ウイルスなどを攻撃するリンパ球「Th1」と、リンパ球「Th2」という、2つのバランスを改善する働きがあり、
アトピーや花粉症などのアレルギー症状が起こりにくい環境を作り出すのだと言われています。
では、他の乳酸菌では駄目なのか、どのくらいの量を摂ったらいいのかというのはまだ研究段階の部分も多いそうです。
ですが継続して摂取することで花粉症が軽くなるKW乳酸菌の効果は期待されております。

ただし花粉症の季節になったからといって飲み始めても即効性はありませんので、最低でも1か月前からの摂取を心がけてください。
勿論乳酸菌自体が身体によいものですので、1年中毎日摂取していたとしても問題はないどころか、腸内の環境を調えるという意味でもお勧めです。
注意しなければいけないのは、KW乳酸菌やL-92乳酸菌の入った乳酸菌を選ばなくてはいけないということです。
すべての食べる乳酸菌や飲む乳酸菌に配合されているわけではありませんので、確認の上で購入してください。

KW乳酸菌やL-92乳酸菌が含まれているものを食べる事によって、腸内にある粘膜の中の穴を、乳酸菌が埋めて修復をしてくれ、こうしておくことで
異物が入ってきた時にも進入されにくくしてくれるのです。
少量では善玉菌に力を与えて排除されてしまいますので、食べ続ける事によって腸内に入った乳酸菌がいっぱいになり、効果が発揮されるといってもいいでしょう。
花粉症対策のためにも他の健康のためにも乳酸菌の摂取は細目に行いましょう。