健康

乳酸菌でノロウィルス対策

ノロウイルスは昨今では冬になると聞かない月などないといわれるほどのウイルスによる感染症の食中毒です。
嘔吐や下痢症を引き起こし、その感染力の強さは集団食中毒事件としても有名になっています。
食中毒といえば、夏の暑い時期のように考えられがちですが、発生時期のピークが12~2月の冬季にあることによって、このウイルスが乾燥や低温に強いことが分かってきています。

小腸上皮細胞内だけにノロウイルスが増殖することができます。
ですから普段から胃腸の健康に保ち活発にすることによって、ノロウイルスに感染しにくい身体にする方法や感染してしまった場合においても、
早期に症状を和らげることができると考えられているのです。
身体の内部を鍛えることは食べ物やストレスなどとありますが、胃腸系には乳酸菌です。
ノロウイルスに侵入されてしまいますと、胃腸炎を発症してしまいます。

また弱ってしまった胃において出される胃酸なのですが、ノロウイルスは酸に対して強い抗体ウイルスとなるために、全く胃で処分できないのです。
そのまま腸に入られて増殖の対象になるかどうかが、今回の予防にあげられた乳酸菌による腸内にある体の免疫システムに働きかけ、ウイルスと戦う白血球を
強くしてくれているかということと、腸内が善玉菌で満たされていることによって、ノロウイルスの働きを弱め、胃の消化機能を改善して下痢や嘔吐を
緩和してくれるかどうかということです。
特に善玉菌によって軽く済むようにしておくことによって、長く苦しめられることもないために、乳酸菌を摂取して免疫力の高いウイルスに負けない体にしましょう。

乳酸菌というものはヨーグルトやチーズ、発酵食品などによく使われており、また飲み物としても多くの種類があります。
自分で工夫して、料理に取り入れるのもおすすめです。
乳酸菌のレシピはhttp://www.williapps.com/を参考にしてみてください。
ですが毎日気軽に摂るとなりますと、買い出めておくのが大変であったりしますので、最近では乳酸菌のサプリメントなどが人気となっています。
気軽に摂りやすいサプリメントも乳酸菌を摂る方法として考えてみてはいかがでしょう。