健康

殺菌乳酸菌とは

殺菌乳酸菌とは文字通りに殺菌された乳酸菌のことであり、何のためのものと考えてしまいませんか。
ご安心ください。
乳酸菌は殺菌されても機能を失うわけではありません。
むしろコンパクトにまとまってたくさん摂ることが出来ると言ってもいいでしょう。

乳酸菌は、量を多く摂取することが大切なのです。
一日に理想的な乳酸菌の摂取量は「1兆個」と言われています。
1兆個とは想像もできませんが、確かに乳酸「菌」であるならば、それぐらいと考えがちですが、生きた状態で摂ろうとしますとヨーグルトで1リットル相当になるそうです。
100g入りのヨーグルトになりますと10個分です。
これを毎日となりますと確かに続けることが、食欲的にも経済的にも厳しいといわざるを得ないのでしょう。

そこで殺菌乳酸菌の登場です。
実は生きて腸まで届く乳酸菌自体が非常に珍しく、死んでいるといってもいい状態で食べているのと変わらない上に、乳酸菌は量であり、
とにかくたくさんの乳酸菌が腸に届くことが大切であるということです。

そんな中、注目を浴びているのが「華舞の食べる1兆個の乳酸菌」というすごく分かりやすい殺菌乳酸菌です。
スティックタイプになっていてとても摂取しやすくなっています。
この「華舞の食べる1兆個の乳酸菌」は1包1gと少なく感じますが、この1gに1兆個の乳酸菌が含まれているのです。
ちなみに味もヨーグルト味で、そのまま食べても美味しいですし、ヨーグルトと混ぜて生きた乳酸菌と一緒に摂っても問題はありません。
「華舞の食べる1兆個の乳酸菌」は飲むタイプのものもあり、ヤクルトでも最高でも400億個というのですから、かなりの量が大量に摂取できるということが
分かるのではないでしょうか。

乳酸菌は多すぎて困るということはないのです。
生きている乳酸菌は、菌が放出する酸によって変質しますが、殺菌してある乳酸菌は変質がありません。
新しいタイプの乳酸菌http://www.jannuslandingconcerts.com/を試してみてはいかがですか。