健康

耐性乳酸菌とは

耐性乳酸菌とは薬のことです。
腸に届くための薬で、抗生物質などもあるものは医師の処方箋なしには手にいれることはできません。
よく聞くことがある「ビオフェルミンR」などは腸液を酸性にすることによって腸内の有害な細菌を死滅させたり、増殖するのを抑える薬で、副作用が少ないこともあって、
各種下痢の治療に使用されています。

このように消化器系や整腸剤、活性生菌剤などとして使われる乳酸菌で、自然のものではなく薬という形にしたものです。
何よりももっと簡単にいえば、耐性乳酸菌とは抗生物質によって排除されてしまう善玉菌を補うための乳酸菌なのです。
頑張って溜めていた善玉菌も抗生物質によってすぐに排除されてしまいます。
なぜ抗生物質によって善玉菌が排除されるのでしょうか?

そもそも、抗生物質の役割というのは、病原菌の死滅や増殖を抑制することであり、その中においては抗生物質は腹に良いから善玉菌は残すなどということは当然ながら、
行うことはありません。
一掃されてしまうといってもいいでしょう。

しかし善玉菌とはいえ、抗生物質に逆らえる菌がある方が恐ろしいことでもありますので、病気になってしまったら抗生物質を素直に飲んで、
耐性乳酸菌の薬によって善玉菌を補給いたしましょう。
病気が治って医師の診断が下るまでは、医師の指示に従った食事をして薬の服用も続けましょう。

なくなった善玉菌を増やしたり、悪玉菌にしたくないからと耐性乳酸菌とは別の普通の乳酸菌を摂ってもいいかを医師の指示に従いましょう。
胃腸がどう弱っていて、それが良い改善になるのか、悪い刺激になるのかは病気によっても大きく異なります。
素人判断をしない方がいいでしょう。

また、まだ薬の服用が続いているのでしたら、抗生物質によって一掃される恐れがないとは言えません。
体調が良くなって、医師の許可が出てからでも十分に間に合いますので、身体を治すことだけを考えて耐性乳酸菌を飲むようにしましょう。